自賠責保険の補償内容 −自動車保険−

自賠責保険の補償内容は「交通事故で他人を死亡させてしまった」「交通事故で他人にケガを負わせてしまった」というように、人身に対する損害を補償するものです。

ガードレールや信号機へ追突した時の対物補償や、相手の車両への損害等の補償は、自賠責保険ではカバーできません。また、人身事故の実際の損害額も、自賠責保険の補償限度範囲を大きく上回ることも少なくありませんので、一般的に、“自賠責保険だけでは足りない”と認識してください(自賠責保険ではカバーできない損害への補償のために任意保険があります)。

自賠責保険の損害に対する支払限度額 −自動車保険−

死亡
支払い限度額:3000万円
損害の範囲:葬儀費・逸失利益・被害者の慰謝料・遺族の慰謝料
葬儀費、逸失利益、被害者本人および遺族の慰謝料の合計が、支払い限度額の範囲内で支払われます。


死亡に至るまでの傷害
支払い限度額:120万円
損害の範囲:治療費・休業損害・慰謝料
治療費、休業損害、慰謝料の合計が、支払い限度額の範囲内で支払われます。


傷害
支払い限度額:120万円
損害の範囲:治療費・休業損害・慰謝料
治療費、休業損害、慰謝料の合計が、支払い限度額の範囲内で支払われます。


後遺障害
支払いの限度額:
神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残し介護を要する後遺障害
1級:4000万円・2級:3000万円
その他
1級:3000万円〜14級:75万円
損害の範囲:逸失利益・慰謝料
身体に残った障害に応じた等級によって、逸失利益および慰謝料の合計が、その等級ごとの支払い限度額の範囲で支払われます。

自賠責保険金が支払われないケース −自動車保険−

無責事故
車同士の交通事故は、通常、双方に過失があることが多く、一方の過失がまったくゼロであるというケースは大変まれです。しかし、このまれなケースである、100%被害者の責任で発生した事故(=無責事故)の場合は、相手車両の自賠責保険金の支払い対象にはなりません。


単独事故
電柱に自ら運転する車やバイクを衝突しての事故など。


その他
自分の所有する車を友人などに運転してもらい、そこに自分が同乗していて単独事故にあった場合など。

自賠責保険とは?

自動車損害賠償責任保険(=自賠責保険)とは、公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)に加入が義務づけられており、一般に「強制保険」と呼ばれています。交通事故の被害者が、泣き寝入りすることなく最低限の補償を受けられるよう、被害者救済を目的に国が始めた保険制度です。

自賠責保険の特色

1.自動車の運行によって他人を死傷させた場合の人身事故による損害について支払われる保険であり、物損事故は対象になりません。

2.支払限度額は、被害者1名ごとに定められています。1つの事故で複数の被害者がいる場合でも、被害者の支払限度額が減らされることはありません。

3.被害者は、加害者の加入している損害保険会社等に直接、保険金を請求できます。

4.被害者に対する当座の出費(治療費等)にあてるための仮渡金※制度があります。
※ 仮渡金: 死亡の場合/290万円 ケガの場合/(ケガの程度に応じて)40万円・20万円・5万円

5.交通事故発生において、被害者に重大な過失があった場合にのみ減額されます。

6.自賠責保険(共済)では救済されないひき逃げ事故や、自賠責保険に未加入の車の事故による被害者には、政府の「保障事業制度」によって補償金が支払われます。

7.支払いの公平性を保ち、被害者保護を図るための各種制度があります。

自賠責保険証明書 不携帯や未加入の場合の処罰

自賠責保険の証明書をクルマやバイクに積んでいないと、それだけで30万円以下の罰金です。また、自賠責保険未加入の場合は、50万円の罰金または懲役1年以内の刑事罰、という非常に厳しい懲罰が科せられ、さらに道路交通法違反の点数が6点となり、ただちに免許停止処分となります。

保険証明書を必ず車やバイクに携帯することはもちろん、とくに車検のない250cc以下のバイクや原付バイクでは、自賠責保険の有効期限切れに気が付かないでうっかり乗り続ける、ということがないように十分注意しましょう。

加入方法 −自動車保険−

自賠責保険の加入手続きは、損害保険会社、保険代理店(保険代理店登録をしているディーラー各店、車・バイクの販売店、修理工場なども含む)、全国の郵便局でも取り扱っています。

また、一部の車種や期間によっては、インターネットからの申し込みや、コンビニエンスストアで取り扱っているところもあります
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。