自動車保険とは?

自動車保険の任意保険とは、自賠責保険ではカバーし切れない各種の補償をトータル的にカバーする保険です。万一の事故によって負うことになる高額な賠償金における、自賠責保険では足りない部分の補てんや、自分がケガなどの被害を負った場合の補償など、各種の役割を持つ保険が組み合わさっています。

自賠責保険が強制的に加入することを義務付けられている=強制保険であるのに対し、自動車保険は、任意で加入することから「任意保険」とも呼ばれています。

対人賠償保険 −自動車保険−

対人賠償保険は、自動車事故によって歩行者・同乗者・相手の自動車に乗車中の人など、つまり「人」を死亡または負傷させて法律上の損害賠償責任を負った場合に、自賠責保険で支払われる保険金を超える部分に対して、保険金が支払われます。

死亡事故や重傷事故を起こしてしまった場合、その損害額は、億単位の賠償額になることも珍しくありません。自賠責保険の死亡補償額は3000万円ですから、もしも任意の対人保険に加入していなければ、自賠責保険のオーバー分はすべて加害者本人が払わなければなりません。

また、傷害に対しての自賠責保険の補償限度額は120万円ですが、治療費・慰謝料・治療中の休業補償などを含め、実際の損害額は、あっという間に120万を超える可能性も低くありません。傷害への補償も自賠責保険だけでは、足りないといわざるを得ないのです。

対人賠償保険は、これらをカバーする保険といえます。また、事故の賠償額は思いのほか高額になることも少なくありませんので、加入時に設定する補償範囲は「無制限」にしておくのが一般的です。

対物賠償保険 −自動車保険−

対物賠償保険は、自動車事故によって、相手の自動車・建物・電柱など、他人の財物、つまり「モノ」に破損、汚損、滅失などの損害を与えて、法律上の損害賠償責任を負った場合に、保険金が支払われます。

モノへの賠償に適応する保険、と考えるとモノそのものをだけを連想しがちですが、例えば、店舗など業務を行っている建物への衝突や、トラックや大型車など業務用の車両に衝突した場合は、建物や車両など直接壊したモノへの賠償以外にも、営業損失や休業補償などの損害が含まれるため、予想以上に高額となることがあります。

対物賠償保険は、これらの損失も含めてカバーします。

自損事故保険 −自動車保険−

車の保有者や運転者などが運転を誤って起こした単独事故により死亡や負傷を負った場合や、自動車同士の事故で相手にまったく過失がなく自分が死亡や負傷を負った場合など、相手の自賠責保険から保険金が支払われない時に、保険金が支払われます。

対人賠償保険を契約すると自動的にセットされる保険(特約)です。

自損事故保険はドライバーを守るための保険。自分の過失だからとあきらめずに、保険会社に相談しましょう。

無保険車傷害保険 −自動車保険−

自動車に乗車中の人などが、事故により死亡または後遺障害を被った場合で、相手自動車に対人賠償保険が付帯されていなかったり、付帯されていても保険金額が不十分であったため十分な損害賠償を受けられない時に、相手が負担すべき損害賠償責任の不足分について保険金が支払われます。

車両保険 −自動車保険−

車の衝突、接触、墜落、火災、盗難、台風、洪水、高潮など偶然な事故によって、車両に損害を被った場合、契約金額(保険金額)を限度として保険金が支払われます。ただし、車の損傷を修理することができる場合は修理支払限度額を限度としています。

人身傷害補償保険 −自動車保険−

車に乗車中、または歩行中などに、自動車事故で死亡または傷害を負った場合、保険金が支払われます。一定の条件の下で、契約車以外の自動車に乗車中の事故についても補償されます。

人身傷害補償保険は、過失割合に関係なく、ドライバー本人や家族のケガや死亡を補償します。補償額は加入時に設定した金額までとなります。搭乗者傷害補償保険に比べると補償の範囲が大きく、また商品によっては保障の範囲も広くなっています。

例えば、自分の過失が大きく、自分のケガや死亡の時の保険金から過失分が差し引かれた場合でも、この人身傷害補償保険があれば、設定した保険金額の範囲以内で損害額を補てんできます。

等級制度 −自動車保険−

自動車保険に加入する時、等級があるのは知っていますか? 等級というのは、自動車保険の割り引きや割り増しを表す基準のことです。

通常、等級の料率は「ノンフリート等級別料率」と呼ばれていて、ノンフリートとは車の所有台数が9台以下の契約のことをいいます。また、等級は無事故を続けることで料率が下がっていくことから「無事故割り引き」呼ばれる場合もあります。

等級は、ノンフリートの場合、初めて任意保険を契約する時には6等級からスタートして、無事故を続けると、毎年1等級ずつ上がっていき割り引き率が増えて保険料が下がる仕組みになっています。

また、事故を起こすとその翌年の自動車保険契約の等級が、3等級下がります。例えば初めて自動車保険を契約して6等級からスタートし、毎年事故を起こすと3年目には1等級まで下がることになります。1等級になると自動車保険契約を引き受けてもらえなくなることもありますし、車の運転は向いていないと思った方が良いかもしれません。

特約 −自動車保険−

自動車保険には各種の特約があります。各自の車の用途や、その他必要に応じて選ぶと良いでしょう。

ここでは代表的なものを紹介しますが、各社により付帯できる特約や補償の条件や範囲が違っていますので、詳しくは、各商品のパンフレットなどをよく確認してください。


人身傷害補償特約
今では一般的で、特約というよりも自動車保険における種類の保険と並んで、一つの保険、というイメージもありますが、本来は特約です。自分や同乗者が、自動車事故によりケガまたは死亡した場合に、過失割合(事故の責任割合)にかかわらず、保険金額の範囲内で全額の補償が受けられます。


代車費用担保特約
事故で契約車両が使用できなくなったり、修理のため使用できない時の、レンタカー等の代車費用を日数に応じ定額で補償します。


事故付随費用担保特約
事故により、契約車両が走行できなくなった時に、旅行のキャンセル費用やホテルの宿泊費用などが支払われます。支払われる内容は、臨時宿泊費用、臨時帰宅費用、搬送・引取費用、キャンセル費用などですが、各保険会社によって違いますので、よく確認してください。


身の回り品補償特約
衝突・火災などにより、車室内またはトランク内にあった、カメラ・ゴルフセット・スノーボード等の、身の回り品が損害を受けた場合に支払われます。


重度後遺障害特約
事故により、重度後遺傷害で要介護状態になったとき、人身傷害補償保険の2倍を限度として保険金が支払われます。内容や支払基準が各保険会社によって違いますので、よく確認してください。


車両全損時諸費用保険金特約
契約車両が全損になった時に、買い替えにかかる登録料等の諸費用を補うものとして、車両保険金額の10%(20万円限度)が支払われます。


地震・噴火・津波危険(車両損害)担保特約
通常の車両保険では、水害や風災による車両損害は補償しますが、地震・噴火・津波は免責(対象外)となっています。しかし、地震・噴火・津波危険(車両損害)担保特約を付帯することにより、これらが原因で車両に損害が生じた場合にも車両保険の保険金が支払われます。


弁護士費用特約
契約者が、自動車事故で人身被害事故(死亡・後遺障害、入院)を受けて、相手側との交渉を弁護士に依頼する場合や、裁判になったときに、必要な弁護士費用等の実費を補償します。歩行中の事故や家族が受けた事故でも、支払いの対象となります。限度額は300万円。


等級プロテクト特約
事故を起こしてしまった場合でも、保険会社が定めた条件に該当する事故であれば、等級を下げさせずに据え置くことができます。通常は1年に1回のみ有効です(保険会社によって違いがあります)。


子ども特約
被保険者の子どもが車の運転をするようになったとき、子ども特約を付けることで、主契約の年齢条件を変えるよりも比較的安い保険料で子どもの事故も補償できます。子どもの年齢によって保険料が違うこともあります。


他車運転危険担保特約
他人から借りた車で事故を起こした場合、通常は車の持ち主の自動車保険が使われることになりますが、この特約を付けることで、自分の保険から優先的に保険金を支払うことができ、貸主の保険の等級が下がることを避けられます。条件は各社違いますので確認してください。


車両新価特約
事故により車両の損害があった場合、補償額は車の修理代か時価額が上限になります。しかし、車両新価特約を付けると、新車価格相当額を補償してもらえます。ただし、修理費が新車購入時の価格の50%以上になるとき、などの条件があります。


臨時運転者特約
自動車保険契約で設定してる運転者の年齢条件に関係なく補償します。年齢条件そのものを変えるよりも保険料が安くすみます。ただし該当するのは家族や従業員以外の第三者のみです。家族や従業員は対象となりませんので注意してください。


家族サポート
事故で死亡または後遺障害が生じたときの、家族の負担をサポートします。具体的には、「介護費用担保特約」「育英資金等担保特約」「ホームヘルパー費用担保特約」などがあります。


日常生活賠償責任担保特約
日常生活のなかで、偶然の事故(自動車にまつわる事故以外)により、他人に損害を与えて法律上の賠償責任を負った時に、保険金が支払われます。


交通傷害担保特約
交通事故や建物火災などにより負傷したとき、定められた保険金額が支払われます。


ファミリーバイク特約
自家用自動車のほかに、125cc以下のバイクを所有している場合、バイク単独で自動車保険に加入しなくても、この特約を付けることでバイクの補償も確保できます。

等級制度 −自動車保険−

自動車保険に加入する時、等級があるのは知っていますか? 等級というのは、自動車保険の割り引きや割り増しを表す基準のことです。

通常、等級の料率は「ノンフリート等級別料率」と呼ばれていて、ノンフリートとは車の所有台数が9台以下の契約のことをいいます。また、等級は無事故を続けることで料率が下がっていくことから「無事故割り引き」呼ばれる場合もあります。

自動車保険へ加入する意味

自動車保険にどうして加入しなくてはいけないのか?
仮に自動車にて死亡事故を起こしてしまった場合、賠償金額が1億円を超えることも今は珍しくありません。

そうした場合、自賠責保険だけでは最低限の補償しか受けられません。(死亡3000万まで、後遺障害4000万まで、ケガ120万まで)

仮に任意の自動車保険に加入していないとすると、賠償金額1億円から自賠責保険からの補償3000万を差し引いた、残り7000万を自己負担で支払うことになります。

事故で涙するのは被害者の親族だけではなく、加害者本人やその家族もどれほどつらい立場に立つかということも、この機会に少し考えてみてください。
お金だけですべてを解決できるものではありませんが、それでも、自動車保険があることで救われることはたくさんあります。

最近では、車通勤をする人を対象に自動車任意保険に加入しているかどうか、また補償条件を確認する企業が増えています。

安心して運転を楽しむためにも、もしもの時の備えに責任を持つことからも、自動車保険に加入することが大切なことであることをぜひ知ってください。

等級の仕組み −自動車保険−

自動車保険における等級は、初めて任意保険を契約する時には6等級からスタートします。
1年間事故を起こさなければ、等級が1等級ずつ上がっていきます。等級が上がっていけば、事故を起こす確立も低いということで、割引率が増えて自動車保険料が下がる仕組みになっています。

逆に事故を起こすとその翌年の自動車保険契約の等級が、3等級下がります。

例えば初めて自動車保険を契約して6等級からスタートし、毎年事故を起こすと3年目には1等級まで下がることになります。
1等級になると契約できる自動車保険会社もほとんどなく、自動車保険に加入することは厳しくなってしまいます。

リスク細分型自動車保険

車を運転する人の年齢・性別や車の使い方など、車を運転する人それぞれのリスク(危険度)は異なります。

例えば、自動車運転免許を取得したばかりの18歳の人と自動車免許を取得して10年以上の30代の人では、経験が違います。

また、会社への通勤が車通勤の人と会社へは電車・バス通勤で車の運転は土日しか行わないといった車の使用頻度の違いなどが考えられます。

このように人や車によって自動車運転の異なるリスクに応じて細かく保険料を設定したのが「リスク細分型自動車保険」です。

リスク細分型自動車保険なら自動車事故を起こす可能性の低い人に対しては、支払う保険料が安い設定になっているか割引されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。