リスク細分型自動車保険

車を運転する人の年齢・性別や車の使い方など、車を運転する人それぞれのリスク(危険度)は異なります。

例えば、自動車運転免許を取得したばかりの18歳の人と自動車免許を取得して10年以上の30代の人では、経験が違います。

また、会社への通勤が車通勤の人と会社へは電車・バス通勤で車の運転は土日しか行わないといった車の使用頻度の違いなどが考えられます。

このように人や車によって自動車運転の異なるリスクに応じて細かく保険料を設定したのが「リスク細分型自動車保険」です。

リスク細分型自動車保険なら自動車事故を起こす可能性の低い人に対しては、支払う保険料が安い設定になっているか割引されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。