補償額の決め方 −自動車保険−

対人賠償保険
事故で、相手を傷つけてしまった場合に相手先に対して補償するものです。
昨今の補償額の判例を見ても、高額な事例が多いので、十分な補償が絶対に必要です。必ず「無制限」に設定しましょう。


対物賠償保険
事故の場合に、相手方の車や建物・設備等に対して補償される保険です。
一般的には「2000万円」という設定が多いですが、近年は高額な補償事例が増えていますので「無制限」の方が無難といえます。


搭乗者傷害補償保険
事故にあった場合に、その車に搭乗していた全員に対して補償する保険です。
設定金額は一名当たりの補償額を意味していて、一般的には、「1000万円」が良いでしょう。


車両保険
事故の場合、自分の車の損害を補償してくれる保険です。
車両保険には、3種類のパターンがあります。
設定する保険金額は、車の型式と年式に応じた車両標準価格表(損保協会発行)に準じて、所定の範囲内で設定をすることになります。


人身傷害保険
事故で傷害を被ってしまっても、事故の過失割合に関係なく、人的損害額を設定した保険金額の範囲内で補償する保険です。
補償額は、自分や家族の収入やライフサイクルなどによって必要額を設定すると良いでしょう。
3000万円から補償設定できます。
一般的には「5000万円」という設定が多いようです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。