リスク細分型 −自動車保険−

用途や条件を絞ることで保険料を安くするのがリスク細分型商品です。すべての商品で利用できるものではありませんが、条件が良ければ安くなる可能性が高いです。ただし、車の利用用途や使い方によっては、かえって高くなる場合もあります。


車の使用用途
車の使用用途を「日常・レジャー使用」「通勤・通学使用」「業務使用」などに細分化することで、日常・レジャー使用の場合に、ほかの使用目的の場合よりも保険料が安くなります。


年間走行距離
予測される走行距離によって、保険料を決めるタイプで、走行距離が短い人ほど安くなります。


ゴールド免許
記名被保険者の免許証の帯色によって保険料を割り引くものです。
ゴールド免許の人は安くなる場合があります。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。