等級の仕組み −自動車保険−

自動車保険における等級は、初めて任意保険を契約する時には6等級からスタートします。
1年間事故を起こさなければ、等級が1等級ずつ上がっていきます。等級が上がっていけば、事故を起こす確立も低いということで、割引率が増えて自動車保険料が下がる仕組みになっています。

逆に事故を起こすとその翌年の自動車保険契約の等級が、3等級下がります。

例えば初めて自動車保険を契約して6等級からスタートし、毎年事故を起こすと3年目には1等級まで下がることになります。
1等級になると契約できる自動車保険会社もほとんどなく、自動車保険に加入することは厳しくなってしまいます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。