自賠責保険証明書 不携帯や未加入の場合の処罰

自賠責保険の証明書をクルマやバイクに積んでいないと、それだけで30万円以下の罰金です。また、自賠責保険未加入の場合は、50万円の罰金または懲役1年以内の刑事罰、という非常に厳しい懲罰が科せられ、さらに道路交通法違反の点数が6点となり、ただちに免許停止処分となります。

保険証明書を必ず車やバイクに携帯することはもちろん、とくに車検のない250cc以下のバイクや原付バイクでは、自賠責保険の有効期限切れに気が付かないでうっかり乗り続ける、ということがないように十分注意しましょう。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。