保険料の決まり方 −自動車保険−

自動車保険の保険料は、自動車の用途、種類や排気量、年齢条件、等級、その他各種割引制度などの組み合わせによって決まります。

車の用途では、日常・レジャー使用、通勤・通学使用、業務使用が挙げられます。当然、車を業務利用していたほうが運転頻度も高く事故の可能性は高くなるので、自動車保険料も高くなります。

車の種類は、自家用普通乗用車・自家用小型乗用車・自家用軽四輪乗用車・自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)・自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)・自家用小型貨物車が挙げられます。

年齢条件では、全年齢担保(運転者の年齢を問わないもので割り引きなし)・21歳未満不担保(21歳未満の人が運転者の場合、補償しない)・26歳未満不担保(26歳未満の人が運転者の場合、補償しない)・30歳未満不担保(30歳未満の人が運転者の場合、補償しない)があります。
一般的には、年齢が高い人のほうが運転経験も長いため保険料は安くなります。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。