等級制度 −自動車保険−

自動車保険に加入する時、等級があるのは知っていますか? 等級というのは、自動車保険の割り引きや割り増しを表す基準のことです。

通常、等級の料率は「ノンフリート等級別料率」と呼ばれていて、ノンフリートとは車の所有台数が9台以下の契約のことをいいます。また、等級は無事故を続けることで料率が下がっていくことから「無事故割り引き」呼ばれる場合もあります。

等級は、ノンフリートの場合、初めて任意保険を契約する時には6等級からスタートして、無事故を続けると、毎年1等級ずつ上がっていき割り引き率が増えて保険料が下がる仕組みになっています。

また、事故を起こすとその翌年の自動車保険契約の等級が、3等級下がります。例えば初めて自動車保険を契約して6等級からスタートし、毎年事故を起こすと3年目には1等級まで下がることになります。1等級になると自動車保険契約を引き受けてもらえなくなることもありますし、車の運転は向いていないと思った方が良いかもしれません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。