対物賠償保険 −自動車保険−

対物賠償保険は、自動車事故によって、相手の自動車・建物・電柱など、他人の財物、つまり「モノ」に破損、汚損、滅失などの損害を与えて、法律上の損害賠償責任を負った場合に、保険金が支払われます。

モノへの賠償に適応する保険、と考えるとモノそのものをだけを連想しがちですが、例えば、店舗など業務を行っている建物への衝突や、トラックや大型車など業務用の車両に衝突した場合は、建物や車両など直接壊したモノへの賠償以外にも、営業損失や休業補償などの損害が含まれるため、予想以上に高額となることがあります。

対物賠償保険は、これらの損失も含めてカバーします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。