自動車保険へ加入する意味

自動車保険にどうして加入しなくてはいけないのか?
仮に自動車にて死亡事故を起こしてしまった場合、賠償金額が1億円を超えることも今は珍しくありません。

そうした場合、自賠責保険だけでは最低限の補償しか受けられません。(死亡3000万まで、後遺障害4000万まで、ケガ120万まで)

仮に任意の自動車保険に加入していないとすると、賠償金額1億円から自賠責保険からの補償3000万を差し引いた、残り7000万を自己負担で支払うことになります。

事故で涙するのは被害者の親族だけではなく、加害者本人やその家族もどれほどつらい立場に立つかということも、この機会に少し考えてみてください。
お金だけですべてを解決できるものではありませんが、それでも、自動車保険があることで救われることはたくさんあります。

最近では、車通勤をする人を対象に自動車任意保険に加入しているかどうか、また補償条件を確認する企業が増えています。

安心して運転を楽しむためにも、もしもの時の備えに責任を持つことからも、自動車保険に加入することが大切なことであることをぜひ知ってください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。